たとえ友達でも お金の貸し借りは良くないの詳細

TOPページ > たとえ友達でも お金の貸し借りは良くない
たとえ友達でも お金の貸し借りは良くない

"お金の貸し借りというというのは、たとえ身内でも、友達でも、できればあまりしない方が良いと思っています。
身内には、お金を貸しても、どうしても甘えがでるというか、こちらから返してほしいと言わなければ、なかなか返してくれないものの様な気がします。

よっぽど、借りた方がきちんとした人なら、すぐに返してくるとは思いますが、それほど高額ではなかった場合などは、そのままズルズルと返してもらえない事の方が多いです。

友達にお金を貸すことも同じで、貸してほしいと言ってくる相手は、友達なんだから貸してほしいという考えでお願いしてくると思いますが、その目的にもよりますが、基本的にお金は貸さない方が、お互いのためにも良いと思います。

どうしても貸してあげたいと思ったら、貸したのではなく、あげたんだ・・ぐらいの気持ちでいた方が良いかも知れません。
全ての方がそうだとは、もちろん言いませんが、お金は貸したら戻ってこない確率が高いと思っていた方が良いと思います。"



デビットカードを作るために
新社会人や新しいバイトを始めると最初の壁として、会社などが定める給料の振込先の銀行の指定があり、口座開設が義務付けられることだと思います。 もちろん私も例に漏れず何度も経験していますし、その流れで銀行口座を開設して、バイトなどをやめてもその銀行をそのまま利用しているということがあると思います。 私の場合はネットバンクも同じ経緯で、ある仕事の振込先として指定されたネットバンクがあり、一応他のネットバンクでもいいということだったんですが手数料がかかるということで、仕事先の指定するネットバンクに落ち着いたという経緯です。 とはいえ、仕事先の指定するネットバンクになにも魅力がなかったら選んでいません。 個人的に宝くじをリアルな店舗で買い続けていたんですが、それを銀行で手間もなく購入できて照合もしてくれて、当たっていれば勝手に振り込んでくれるというサービスに魅力を感じましたし、銀行が発行している「デビットカード」を作りたいと思ったことも大きな選択時のポイントでした。 手数料も無料が多いので助かっていますし、今ではすっかり選んだネットバンクに依存しています。
Copyright © 2012 ネットバンクの利用ガイド . All rights reserved