ネットバンクとATMの詳細

TOPページ > ネットバンクとATM
ネットバンクとATM

ネットバンクは様々な銀行での取引が自宅や出先から、パソコンや携帯電話などを使っていつでも簡単にできるためひじょうに便利ですが、ただし現金の入金・出金に関してはやはりいずれかのATMに足を運ぶ必要があります。

ネットバンクには種類が様々あって、都市銀行がサービスの一環として行っているネットバンクや、系列企業や子会社としてネットバンクの業務を行っている場合には系列のATMはすべて利用可能となります。この点に関して言えばやはり大手の都市銀行は駅前などのアクセスの良い場所に店舗を構えているためひじょうに有利になります。

しかし最近ではこうした都市銀行の優位性もしだいに薄れつつあります。そのおおきな原因がコンビニエンスストアなどが展開している銀行や、ATMの設置です。どれだけ大手の銀行と言っても店舗の数ではやはりコンビニエンスストアにはかないません。またコンビニエンスストアの場合には24時間365日営業と言う店舗も多く、このような店舗ではATMも24時間365日利用が可能と言うことになります。
こうしたコンビニエンスストアやスーパーマーケットなどでもATMの機械を設置することが多くなり、利便性を高めています。

またこうしたコンビニエンスストアなどでネットバンクの預金を引き出したりするのは手数料が余分にかかるのではと考える人もいますが、心配はありません。もちろん各ネットバンクによって実際にかかってくる利用料金は異なってきますがおおむねひじょうに安い手数料金におさえられています。



デビットカードを作るために
新社会人や新しいバイトを始めると最初の壁として、会社などが定める給料の振込先の銀行の指定があり、口座開設が義務付けられることだと思います。 もちろん私も例に漏れず何度も経験していますし、その流れで銀行口座を開設して、バイトなどをやめてもその銀行をそのまま利用しているということがあると思います。 私の場合はネットバンクも同じ経緯で、ある仕事の振込先として指定されたネットバンクがあり、一応他のネットバンクでもいいということだったんですが手数料がかかるということで、仕事先の指定するネットバンクに落ち着いたという経緯です。 とはいえ、仕事先の指定するネットバンクになにも魅力がなかったら選んでいません。 個人的に宝くじをリアルな店舗で買い続けていたんですが、それを銀行で手間もなく購入できて照合もしてくれて、当たっていれば勝手に振り込んでくれるというサービスに魅力を感じましたし、銀行が発行している「デビットカード」を作りたいと思ったことも大きな選択時のポイントでした。 手数料も無料が多いので助かっていますし、今ではすっかり選んだネットバンクに依存しています。
Copyright © 2012 ネットバンクの利用ガイド . All rights reserved