住宅ローンは市場の長期金利よって左右されますの詳細

TOPページ > 住宅ローンは市場の長期金利よって左右されます
住宅ローンは市場の長期金利よって左右されます

家を購入することは人生において最高額の買い物である人がほとんどですが、現金で一括で購入する人もほとんどいないのが現状です。それだけ、住宅は高い買い物なのです。住宅を購入する時に利用するのが住宅ローンです。すべての銀行で取り扱っているローン商品ですが、金利はその時々によって異なるのです。このローンの金利には固定金利と変動金利があります。固定金利はある一定期間は固定ですが、あとは変動金利に切り替わります。変動金利ですと最初から金利は変わっていくのです。住宅ローンは市場の長期金利よって左右されます。低い金利のときに固定金利で借りると有利かも知れませんが、市場の動向によってはさらに低い金利になることもあるのです。そうなると変動金利のほうがお得になるケースもあるのです。しかし、変動金利は市場金利が高くなるとそれにあわせて上昇するので、急に高くなるケースもあります。その場合ですと固定金利が有利なのです。



デビットカードを作るために
新社会人や新しいバイトを始めると最初の壁として、会社などが定める給料の振込先の銀行の指定があり、口座開設が義務付けられることだと思います。 もちろん私も例に漏れず何度も経験していますし、その流れで銀行口座を開設して、バイトなどをやめてもその銀行をそのまま利用しているということがあると思います。 私の場合はネットバンクも同じ経緯で、ある仕事の振込先として指定されたネットバンクがあり、一応他のネットバンクでもいいということだったんですが手数料がかかるということで、仕事先の指定するネットバンクに落ち着いたという経緯です。 とはいえ、仕事先の指定するネットバンクになにも魅力がなかったら選んでいません。 個人的に宝くじをリアルな店舗で買い続けていたんですが、それを銀行で手間もなく購入できて照合もしてくれて、当たっていれば勝手に振り込んでくれるというサービスに魅力を感じましたし、銀行が発行している「デビットカード」を作りたいと思ったことも大きな選択時のポイントでした。 手数料も無料が多いので助かっていますし、今ではすっかり選んだネットバンクに依存しています。
Copyright © 2012 ネットバンクの利用ガイド . All rights reserved