金融意識を高めるためにも定期預金 の詳細

TOPページ > 金融意識を高めるためにも定期預金
金融意識を高めるためにも定期預金

"長らくデフレが続き、低金利が続いているので貯蓄の利子をよく考えてあれこれ考えている人も以前ほど多くないのでと思います。

ある程度貯蓄のある年配層などは定期預金などは身近なものかもしれませんが、貯蓄までなかなかできない若年層では定期預金を考えたところでそれほど利子もつかないことから真剣に考えてもしかないと思う人もいると思います。

私自身も資産家でもなくそれほど預金もないのでいちいち数円単位のために定期預金をどこにするかと探したり調べたりする時間自体が無駄ではないかと思うことさえあります。

しかし、景気が悪く収入増が見込めない世の中ゆえに金融意識を高めるためにも定期予期などの情報も仕入れて、それこそ1円でも有利に生活を運営させていきたいという考え方になっていっています。

実際にためしにインターネット銀行の金利が少しよかったために6ヶ月ほどの定期をしたことがありますが何もしないで普通口座に預けたときよりも確実に利子が多かったのでうまく活用していきたいと思います。"



デビットカードを作るために
新社会人や新しいバイトを始めると最初の壁として、会社などが定める給料の振込先の銀行の指定があり、口座開設が義務付けられることだと思います。 もちろん私も例に漏れず何度も経験していますし、その流れで銀行口座を開設して、バイトなどをやめてもその銀行をそのまま利用しているということがあると思います。 私の場合はネットバンクも同じ経緯で、ある仕事の振込先として指定されたネットバンクがあり、一応他のネットバンクでもいいということだったんですが手数料がかかるということで、仕事先の指定するネットバンクに落ち着いたという経緯です。 とはいえ、仕事先の指定するネットバンクになにも魅力がなかったら選んでいません。 個人的に宝くじをリアルな店舗で買い続けていたんですが、それを銀行で手間もなく購入できて照合もしてくれて、当たっていれば勝手に振り込んでくれるというサービスに魅力を感じましたし、銀行が発行している「デビットカード」を作りたいと思ったことも大きな選択時のポイントでした。 手数料も無料が多いので助かっていますし、今ではすっかり選んだネットバンクに依存しています。
Copyright © 2012 ネットバンクの利用ガイド . All rights reserved