ジャパンネットの詳細

TOPページ > ジャパンネット
ジャパンネット

ジャパンネット銀行は三井住友傘下のネットバンクです。ネットバンクとしての歴史は日本で最も古く、2000年の開業となっています。

一般の人が普段の生活の中でジャパンネット銀行が最も身近に感じられるのはネットオークションやネットショッピングの際でしょう。ジャパンネット銀行は多くのネットバンクの中でも特にこうしたインターネットショッピングなどとは最も相性の良いネットバンクで、インターネットでオークションやショッピングを楽しみたい時にはまず加入しておくことをおすすめします。

このようにジャパンネット銀行がインターネットオークションなどでひんぱんに利用される理由としてはジャパンネット銀行同士の場合、24時間リアル送金が可能であること、またジャパンネット銀行同士でなくても振り込み手数料が格安におさえられていることなどがあげられます。

ジャパンネット銀行は三井住友グループであるため三井住友銀行のATMはすべて利用することができます。またセブン銀行、ゆうちょ、ampm、コンビニATM、E-netなどのATMもすべて利用可能でいずれも設置場所が街中にあると言った感じなので、使えるATMを探して街を右往左往すると言ったことはありません。

またジャパンネット銀行では、多くの証券会社への入金の際に手数料が無料となっており、証券会社などとの相性が非常に良い銀行となっています。

ジャパンネット銀行は金利が良いことでも知られています。特に円定期預金金利などの場合、通常の銀行などよりもはるかに金利が良く、他のネットバンクと比較しても見劣りすることはありません。


↓↓ジャパンネット銀行の詳細はコチラ↓↓

ジャパンネット銀行の詳細はコチラ




デビットカードを作るために
新社会人や新しいバイトを始めると最初の壁として、会社などが定める給料の振込先の銀行の指定があり、口座開設が義務付けられることだと思います。 もちろん私も例に漏れず何度も経験していますし、その流れで銀行口座を開設して、バイトなどをやめてもその銀行をそのまま利用しているということがあると思います。 私の場合はネットバンクも同じ経緯で、ある仕事の振込先として指定されたネットバンクがあり、一応他のネットバンクでもいいということだったんですが手数料がかかるということで、仕事先の指定するネットバンクに落ち着いたという経緯です。 とはいえ、仕事先の指定するネットバンクになにも魅力がなかったら選んでいません。 個人的に宝くじをリアルな店舗で買い続けていたんですが、それを銀行で手間もなく購入できて照合もしてくれて、当たっていれば勝手に振り込んでくれるというサービスに魅力を感じましたし、銀行が発行している「デビットカード」を作りたいと思ったことも大きな選択時のポイントでした。 手数料も無料が多いので助かっていますし、今ではすっかり選んだネットバンクに依存しています。
Copyright © 2012 ネットバンクの利用ガイド . All rights reserved