紀陽銀行の詳細

TOPページ > 紀陽銀行
紀陽銀行

紀陽銀行のネットバンクである紀陽銀行インターネット支店はひじょうに利便性の高いネットバンクの一つで急速に注目を集めつつあります。

母体となるのは和歌山県の指定金融機関である紀陽銀行です。

紀陽銀行インターネット支店の特徴はいくつもありますが、まずはひじょうに高金利で、しかも定期預金でありながら普通預金のような使い方も可能と言ったようなユニークなサービスが目立ちます。これは例えば1年の定期預金を組んだ場合、3ヶ月目くらいで途中解約すると普通預金の金利が付き、また3ヶ月以上経った後の解約であれば期間に応じて定期預金の半分以上の金利が付いてきます。こうして付いた金利でも通常の銀行の2倍以上はあると言うのですから、紀陽銀行インターネット支店の金利がいかに高いかがわかります。

また紀陽銀行インターネット支店は振り込み手数料やATMの手数料がひじょうに安く設定されています。

まず紀陽銀行から他行への振り込みの際には毎月2回までは振り込み手数料が無料となります。また他行から紀陽銀行に振り込んでも手数料は紀陽銀行がキャッシュバックしてくれると言うのですから、にわかには信じられないほどお得です。

紀陽銀行インターネット支店ではセブン銀行やローソン、ゆうちょなどのATMが利用可能です。またこれらのATMの多くが(一部時間帯を除く)ほとんど手数料無料となっており、この利便性はネットバンクの中でも特に目立っています。

また紀陽銀行インターネット支店からの出金はATMや他の自分名義の銀行に振り込んだ後でなければ使用できないため、これが詐欺対策としてひじょうに有効な方法となっており、振り込み詐欺などの被害も他行と比較して大変低くなっています。




デビットカードを作るために
新社会人や新しいバイトを始めると最初の壁として、会社などが定める給料の振込先の銀行の指定があり、口座開設が義務付けられることだと思います。 もちろん私も例に漏れず何度も経験していますし、その流れで銀行口座を開設して、バイトなどをやめてもその銀行をそのまま利用しているということがあると思います。 私の場合はネットバンクも同じ経緯で、ある仕事の振込先として指定されたネットバンクがあり、一応他のネットバンクでもいいということだったんですが手数料がかかるということで、仕事先の指定するネットバンクに落ち着いたという経緯です。 とはいえ、仕事先の指定するネットバンクになにも魅力がなかったら選んでいません。 個人的に宝くじをリアルな店舗で買い続けていたんですが、それを銀行で手間もなく購入できて照合もしてくれて、当たっていれば勝手に振り込んでくれるというサービスに魅力を感じましたし、銀行が発行している「デビットカード」を作りたいと思ったことも大きな選択時のポイントでした。 手数料も無料が多いので助かっていますし、今ではすっかり選んだネットバンクに依存しています。
Copyright © 2012 ネットバンクの利用ガイド . All rights reserved