ネットバンクの種類の詳細

TOPページ > ネットバンクの種類
ネットバンクの種類

ネットバンクと一口に言ってもその系統はおおむね3種類に分けられます。

まず最も身近に感じられるのが都市銀行や普通銀行などが利用者の便宜を図ってインターネット上での取引を可能としたタイプのもので、いまやすべての都市銀行や地方銀行がネットバンクのサービスを開始しています。

三菱東京UFJであれば三菱東京UFJダイレクト、また三井住友銀行ならSMBCダイレクトなどと言った呼び名が付いています。

次にこうした都市銀行などがネットバンク事業を別会社として立ち上げる場合があります。現金の入金・出金に関してはATMで行いますが、その他の取引はインターネット上で行います。

最後にインターネット専業銀行によるネットバンクがあります。本来のネットバンクの意味合いから言えばこの系統が最もネットバンクらしいと言えるかも知れません。インターネット専業銀行の場合、基本的に店舗などは無く口座開設から入金・出金にいたるまですべてをインターネット上で行います。現金の出し入れはATMを使いますが、多くのネットバンクではセブン銀行やゆうちょ銀行などのATMが使えるようになっているところが多いようです。

このようにネットバンクは系統が違うことによってサービス内容や金利、取扱う商品、利便性や手数料などがかなり大きく異なってきます。

ネットバンクはインターネットを使用するので今ひとつ安心できない、パスワードなどの管理が心配、そもそもパソコンを使えないなどと言ったネットバンク初心者の場合は、実店舗があって通帳も発行される都市銀行のネットバンクから利用を始めるとスムーズに使いこなせるようになるでしょう。




デビットカードを作るために
新社会人や新しいバイトを始めると最初の壁として、会社などが定める給料の振込先の銀行の指定があり、口座開設が義務付けられることだと思います。 もちろん私も例に漏れず何度も経験していますし、その流れで銀行口座を開設して、バイトなどをやめてもその銀行をそのまま利用しているということがあると思います。 私の場合はネットバンクも同じ経緯で、ある仕事の振込先として指定されたネットバンクがあり、一応他のネットバンクでもいいということだったんですが手数料がかかるということで、仕事先の指定するネットバンクに落ち着いたという経緯です。 とはいえ、仕事先の指定するネットバンクになにも魅力がなかったら選んでいません。 個人的に宝くじをリアルな店舗で買い続けていたんですが、それを銀行で手間もなく購入できて照合もしてくれて、当たっていれば勝手に振り込んでくれるというサービスに魅力を感じましたし、銀行が発行している「デビットカード」を作りたいと思ったことも大きな選択時のポイントでした。 手数料も無料が多いので助かっていますし、今ではすっかり選んだネットバンクに依存しています。
Copyright © 2012 ネットバンクの利用ガイド . All rights reserved