定期預金の詳細

TOPページ > 定期預金
定期預金

ネットバンクは通常の銀行で行われる様々な取引をパソコンや携帯電話を通じて自由に行うことが可能です。

残高照会、振り込み、振り替え、入出金明細の照会、定期預金の申込みや解約、積立預金の申込みや解約、外貨預金の購入や売却、信託投資などの購入や売却、さらには宝くじのtotoや競馬、競輪などもネットバンクを介して行うことが可能となっています。

普通の銀行にできてネットバンクにできないことは、現金の入金および出金だけです。他は銀行の窓口で行うよりもずっとスムーズに取引することが可能です。

このように様々な利用方法があるネットバンクですが、中でもおすすめなのはネットバンクから定期預金を組むと言う方法です。

ネットバンクは各銀行ごとに金利が大きく異なっています。そのため定期預金などを行う場合にはあらかじめ各ネットバンクの金利一覧表などをじっくりと比較検討することが重要になります。これは実際の銀行まで出向いていちいち金利や定期預金の商品ごとの説明を受けているといくら時間があっても足りなくなってしまいます。

その点ネットバンクなら必ず金利の一覧表などが参照できますし、他のネットバンクとの比較も容易に行えます。また最近では様々なネットバンクの金利を比較して、チャート上にしたホームページなども多くあるため便利なことこの上ありません。

ネットバンクなら貴重な資金を最も効率的な方法で殖やすことが、自宅に居ながらごく簡単にできるのです。




関連する記事一覧となります
デビットカードを作るために
新社会人や新しいバイトを始めると最初の壁として、会社などが定める給料の振込先の銀行の指定があり、口座開設が義務付けられることだと思います。 もちろん私も例に漏れず何度も経験していますし、その流れで銀行口座を開設して、バイトなどをやめてもその銀行をそのまま利用しているということがあると思います。 私の場合はネットバンクも同じ経緯で、ある仕事の振込先として指定されたネットバンクがあり、一応他のネットバンクでもいいということだったんですが手数料がかかるということで、仕事先の指定するネットバンクに落ち着いたという経緯です。 とはいえ、仕事先の指定するネットバンクになにも魅力がなかったら選んでいません。 個人的に宝くじをリアルな店舗で買い続けていたんですが、それを銀行で手間もなく購入できて照合もしてくれて、当たっていれば勝手に振り込んでくれるというサービスに魅力を感じましたし、銀行が発行している「デビットカード」を作りたいと思ったことも大きな選択時のポイントでした。 手数料も無料が多いので助かっていますし、今ではすっかり選んだネットバンクに依存しています。
Copyright © 2012 ネットバンクの利用ガイド . All rights reserved