金利の詳細

TOPページ > 金利
金利

ネットバンクの最も大きな魅力の一つに高い金利があります。

一般の銀行の金利などと比較すれば一目瞭然ですが、その差はあまりにも大きく、都市銀行とネットバンクで金利が10倍以上も開きがあるなどと言うことも日常茶飯事です。

ではなぜネットバンクではこれほどの高い金利を設定することが可能なのでしょうか。

これにはまずネットバンクの場合には、実店舗が無いため土地代やビルの賃料、人件費などがほとんどかかりません。通常大手の銀行は各都市の一等地に店舗を構えている場合が多いのでこうした実店舗を維持する費用は莫大なものとなります。

またネットバンクでは銀行通帳なども発行していないところが多く、こういった点でもコストは大きく異なります。しかし銀行通帳がないと危険ではないのかと考える人もいるようですが、パソコンや携帯電話からネットバンクの自分の口座にアクセスすることで預金残高の照会や入出金明細の照会などは簡単に行えます。実際、銀行通帳を印鑑などと一緒に保管しているような人は相変わらず多く、盗難や不正引き出しの犯罪にも遭ってしまうリスクが多くなります。ネットバンクなら自分のIDナンバーやパスワードさえ覚えておけば盗難などの危険性も低く、安全性は高いと言えます。

こうしたネットバンクの高い金利は金利全般が低くなっている現状の日本ではひじょうに貴重な魅力です。せっかくお金を銀行に預けるなら少しでも多く殖えてくれた方が誰だって嬉しいに決まっています。




関連する記事一覧となります
デビットカードを作るために
新社会人や新しいバイトを始めると最初の壁として、会社などが定める給料の振込先の銀行の指定があり、口座開設が義務付けられることだと思います。 もちろん私も例に漏れず何度も経験していますし、その流れで銀行口座を開設して、バイトなどをやめてもその銀行をそのまま利用しているということがあると思います。 私の場合はネットバンクも同じ経緯で、ある仕事の振込先として指定されたネットバンクがあり、一応他のネットバンクでもいいということだったんですが手数料がかかるということで、仕事先の指定するネットバンクに落ち着いたという経緯です。 とはいえ、仕事先の指定するネットバンクになにも魅力がなかったら選んでいません。 個人的に宝くじをリアルな店舗で買い続けていたんですが、それを銀行で手間もなく購入できて照合もしてくれて、当たっていれば勝手に振り込んでくれるというサービスに魅力を感じましたし、銀行が発行している「デビットカード」を作りたいと思ったことも大きな選択時のポイントでした。 手数料も無料が多いので助かっていますし、今ではすっかり選んだネットバンクに依存しています。
Copyright © 2012 ネットバンクの利用ガイド . All rights reserved