ネットバンクと手数料の詳細

TOPページ > ネットバンクと手数料
ネットバンクと手数料

ネットバンクを利用する際には手数料などが非常に安く済むため、これは大きなメリットとなります。

銀行の利用に関して気になる手数料はATMの利用料金と振り込みなどの手数料がポイントとなります。ネットバンクではこれらの両方とも一般の都市銀行などに比べると非常に安くなっています。一部のネットバンクでは振り込みやATMの利用手数料が無料といった場合さえあります。また残高や利用状況に応じてこうした手数料が無料となるネットバンクも多くあり、こうした点はこまめにホームページなどでチェックしておくことで、ムダな費用が大幅に削減できます。

ネットバンクの利用手数料が安いことは、定期預金などの金利が高いことと同じで、実店舗にかかる土地代や賃料、維持費、人件費などがほとんどかからないと言うことが理由になっています。

また手数料に関しては同じ時間に同じ利用を行っても、使用するATMが異なると無料のものが有料になったり、比較的安かった手数料が高額になったりする場合があります。こうしたことは各ネットバンクの注意を良く読むと必ず明記されていますので、うっかり手数料が高くなる時間帯にATMを使ったりしないように心がけましょう。

またほとんどのネットバンクでは口座を開設する際の費用もかからず、口座維持手数料なども無料のところが多くなっています。しかし一部のネットバンクでは口座維持手数料が有料となったり、利用状況で無料になるような場合もありますので注意が必要です。



デビットカードを作るために
新社会人や新しいバイトを始めると最初の壁として、会社などが定める給料の振込先の銀行の指定があり、口座開設が義務付けられることだと思います。 もちろん私も例に漏れず何度も経験していますし、その流れで銀行口座を開設して、バイトなどをやめてもその銀行をそのまま利用しているということがあると思います。 私の場合はネットバンクも同じ経緯で、ある仕事の振込先として指定されたネットバンクがあり、一応他のネットバンクでもいいということだったんですが手数料がかかるということで、仕事先の指定するネットバンクに落ち着いたという経緯です。 とはいえ、仕事先の指定するネットバンクになにも魅力がなかったら選んでいません。 個人的に宝くじをリアルな店舗で買い続けていたんですが、それを銀行で手間もなく購入できて照合もしてくれて、当たっていれば勝手に振り込んでくれるというサービスに魅力を感じましたし、銀行が発行している「デビットカード」を作りたいと思ったことも大きな選択時のポイントでした。 手数料も無料が多いので助かっていますし、今ではすっかり選んだネットバンクに依存しています。
Copyright © 2012 ネットバンクの利用ガイド . All rights reserved