ネットバンクと通帳の詳細

TOPページ > ネットバンクと通帳
ネットバンクと通帳

通常ネットバンクでは銀行通帳を発行していません。

これは経費を削ることで金利などを高く設定できることを主な目的としています。この「銀行通帳がない」と言うことがネットバンク初心者にはどうしても納得いかない人が多いようです。「銀行通帳がなければ一体どうやって自分の財産を管理したらいいのか」、「銀行通帳がなければ不安だ」と思っている人は多いのです。

しかしネットバンクではこうした通常の銀行通帳の代わりにインターネットのホームページからパスワードなどを入力すればいつでも残高照会や入出金明細照会などができるようになっています。どうしても紙類などに記録しておきたい場合にはこのような画面をプリントアウトするだけで十分です。

また通常の銀行の通帳の場合には、毎回自分が銀行まで通帳を持ち込んで通帳記載することが必要であるのに対して、インターネットで自分の口座内容を確認する場合にはこうした手間もヒマも一切かかりません。しかも同じ銀行同士の振込などは瞬時に入金が確認できる場合も多く、ネットショップやネットオークションなどを利用する機会のある人にとってこれはひじょうに重要な機能となっています。オークションなどでは特に一般の人を相手に取引を行うことが多いため入金が実際に行われたかどうかを少しでも早く確認することが必要となります。

またこうした銀行通帳を原則的に発行していないネットバンクであっても顧客の要望によって通帳を発行できるネットバンクもあります(ただしできない場合もあります)。ネットバンクは利用したいがどうしても銀行通帳は必要だという人はあらかじめ銀行通帳が発行できるかどうか確認しておく方が良いでしょう。



デビットカードを作るために
新社会人や新しいバイトを始めると最初の壁として、会社などが定める給料の振込先の銀行の指定があり、口座開設が義務付けられることだと思います。 もちろん私も例に漏れず何度も経験していますし、その流れで銀行口座を開設して、バイトなどをやめてもその銀行をそのまま利用しているということがあると思います。 私の場合はネットバンクも同じ経緯で、ある仕事の振込先として指定されたネットバンクがあり、一応他のネットバンクでもいいということだったんですが手数料がかかるということで、仕事先の指定するネットバンクに落ち着いたという経緯です。 とはいえ、仕事先の指定するネットバンクになにも魅力がなかったら選んでいません。 個人的に宝くじをリアルな店舗で買い続けていたんですが、それを銀行で手間もなく購入できて照合もしてくれて、当たっていれば勝手に振り込んでくれるというサービスに魅力を感じましたし、銀行が発行している「デビットカード」を作りたいと思ったことも大きな選択時のポイントでした。 手数料も無料が多いので助かっていますし、今ではすっかり選んだネットバンクに依存しています。
Copyright © 2012 ネットバンクの利用ガイド . All rights reserved