ネットバンクとキャッシュカードの詳細

TOPページ > ネットバンクとキャッシュカード
ネットバンクとキャッシュカード

ネットバンクにかかわらず通常の銀行でもATMを利用しての現金の入金や出金にはキャッシュカードを用いることになりますが、一部のネットバンクではキャッシュカードを発行していない場合があります。
こういうネットバンクの場合実際に現金を口座に入金したり、出金したりする場合にはどのような方法を用いるのでしょうか。

こうしたキャッシュカードを用意していないネットバンクでは入金も出金も振込を利用して他の銀行などから行うことになります。こうした銀行はキャッシュカードさえなくしてしまうことで金利などの面で顧客にサービスが還元されるようになっていることがほとんどですが、正直このシステムには、最初のうち戸惑う人が多いようです。

このようにキャッシュカードを発行していないネットバンクを利用する場合にはその他にも都市銀行などに口座を開いていることが前提になります。もちろん都市銀行でなくても他の「キャッシュカードを利用できる」ネットバンクなどでも良いのですが、いずれにしても現金を直接出し入れできる銀行に口座を持っている必要がありますから注意しましょう。

またこのように振込で入金や出金を行う場合には振り込み手数料がかなり安く設定されているネットバンクが多くありますが、他の銀行からネットバンクに振り込む場合には元の銀行で規定された振り込み手数料が必要となります。またこの場合でも、つまり他行からネットバンクへ振込が行われたような場合でもその分の振り込み手数料が後でキャッシュバックされると言う方法で、振込時に一切手数料がかからなくなっているひじょうに親切なネットバンクなどもあります。こうした手数料は何度も重なると無視できない金額となりますからあらかじめしっかりと調べておきましょう。



デビットカードを作るために
新社会人や新しいバイトを始めると最初の壁として、会社などが定める給料の振込先の銀行の指定があり、口座開設が義務付けられることだと思います。 もちろん私も例に漏れず何度も経験していますし、その流れで銀行口座を開設して、バイトなどをやめてもその銀行をそのまま利用しているということがあると思います。 私の場合はネットバンクも同じ経緯で、ある仕事の振込先として指定されたネットバンクがあり、一応他のネットバンクでもいいということだったんですが手数料がかかるということで、仕事先の指定するネットバンクに落ち着いたという経緯です。 とはいえ、仕事先の指定するネットバンクになにも魅力がなかったら選んでいません。 個人的に宝くじをリアルな店舗で買い続けていたんですが、それを銀行で手間もなく購入できて照合もしてくれて、当たっていれば勝手に振り込んでくれるというサービスに魅力を感じましたし、銀行が発行している「デビットカード」を作りたいと思ったことも大きな選択時のポイントでした。 手数料も無料が多いので助かっていますし、今ではすっかり選んだネットバンクに依存しています。
Copyright © 2012 ネットバンクの利用ガイド . All rights reserved