三井住友銀行の詳細

TOPページ > 三井住友銀行
三井住友銀行

三井住友銀行のネットバンクは「One’sダイレクト(ワンズダイレクト)」と呼ばれています。

三井住友銀行は言わずと知れた三菱東京UFJ銀行と肩をならべる日本最大手の都市銀行です。この三井住友銀行のネットバンクであるOne’sダイレクトでは、通常の三井住友銀行の窓口でサービスを受ける場合に比べると大きなメリットがあります。

まずおすすめしたいのはOne’sダイレクトを利用する場合には通常の通帳を利用しないWeb通帳を選択して契約するということです。通常の三井住友銀行の窓口で行う三井住友銀行同士の振込手数料は有料ですが、One’sダイレクトでWeb通帳を利用すれば無料となります。また各コンビニエンスストアのATMの利用手数料や三井住友銀行の時間外のATM利用手数料などに関しても0ne’sダイレクトでWeb通帳を選ぶことで無料となります。

三井住友銀行は日本を代表する大銀行だけあって街の至る所で三井住友銀行のATMを見つけることが可能です。またOne’sダイレクトではその他にも、イーネット、セブン銀行、ローソン、郵便局、JR東日本ATMなどが利用できます。中でもセブン銀行は設置場所が豊富であるため、入金や出金の際にATMを求めて街中を探し歩くなどと言うことは無くなるでしょう。

三井住友銀行のネットバンク、One’sダイレクトはこのように日常的なお金の出し入れにも便利ですが、最も有力な使い方としては比較的多額のお金をしっかりと貯金しておきたい場合に最適の選択肢と言えるでしょう。

やはりこうした高額の預金に関しては信頼性の高い銀行を利用すると言うのが鉄則です。




デビットカードを作るために
新社会人や新しいバイトを始めると最初の壁として、会社などが定める給料の振込先の銀行の指定があり、口座開設が義務付けられることだと思います。 もちろん私も例に漏れず何度も経験していますし、その流れで銀行口座を開設して、バイトなどをやめてもその銀行をそのまま利用しているということがあると思います。 私の場合はネットバンクも同じ経緯で、ある仕事の振込先として指定されたネットバンクがあり、一応他のネットバンクでもいいということだったんですが手数料がかかるということで、仕事先の指定するネットバンクに落ち着いたという経緯です。 とはいえ、仕事先の指定するネットバンクになにも魅力がなかったら選んでいません。 個人的に宝くじをリアルな店舗で買い続けていたんですが、それを銀行で手間もなく購入できて照合もしてくれて、当たっていれば勝手に振り込んでくれるというサービスに魅力を感じましたし、銀行が発行している「デビットカード」を作りたいと思ったことも大きな選択時のポイントでした。 手数料も無料が多いので助かっていますし、今ではすっかり選んだネットバンクに依存しています。
Copyright © 2012 ネットバンクの利用ガイド . All rights reserved