投資信託の詳細

TOPページ > 投資信託
投資信託

ネットバンクに口座を持ったことをきっかけに、投資信託などを始める人が増えています。もちろん通常の証券会社のネット版に口座を開いても良いのですが、ネットバンクと提携している証券会社などを利用すると使い勝手で様々なメリットがあるのです。

まずネットバンク自体が多くの投資信託を可能としている銀行が目立ちます。そのため投資信託は証券会社、定期預金や普通使いのお金はネットバンクにといった使い分けをする必要が無く、口座が一つで足りることになります。ネットバンクは銀行通帳などを発行していない場合もありますから、こうして口座数をまとめることで自分の資産の状態を的確に把握することができるようになるのです。

ネットバンクから投資信託を行う最大のメリットは資金をネットバンクから直接運用できると言う点です。そのため自分が投資信託などに利用できる資金の余裕などがすぐに把握できると言うことになります。これは実際に使ってみるとかなり便利です。

また最近のネットバンクで取扱われる投資信託のバラエティー豊かな品揃えは証券会社にも劣らないほどの商品を揃えている場合すらあります。またネットバンクの取引はどのような取引であっても手数料が低くおさえられていると言うのが大きなメリットですが、投資信託を行う場合でもこうしたメリットは十分に享受することが可能です。

投資信託はやってみたいが少し不安がある。投資信託を行うためにわざわざ口座を新設するのは面倒だ、などと言った人はぜひネットバンクから投資信託を行うと良いでしょう。



デビットカードを作るために
新社会人や新しいバイトを始めると最初の壁として、会社などが定める給料の振込先の銀行の指定があり、口座開設が義務付けられることだと思います。 もちろん私も例に漏れず何度も経験していますし、その流れで銀行口座を開設して、バイトなどをやめてもその銀行をそのまま利用しているということがあると思います。 私の場合はネットバンクも同じ経緯で、ある仕事の振込先として指定されたネットバンクがあり、一応他のネットバンクでもいいということだったんですが手数料がかかるということで、仕事先の指定するネットバンクに落ち着いたという経緯です。 とはいえ、仕事先の指定するネットバンクになにも魅力がなかったら選んでいません。 個人的に宝くじをリアルな店舗で買い続けていたんですが、それを銀行で手間もなく購入できて照合もしてくれて、当たっていれば勝手に振り込んでくれるというサービスに魅力を感じましたし、銀行が発行している「デビットカード」を作りたいと思ったことも大きな選択時のポイントでした。 手数料も無料が多いので助かっていますし、今ではすっかり選んだネットバンクに依存しています。
Copyright © 2012 ネットバンクの利用ガイド . All rights reserved