ネットバンクの選び方の詳細

TOPページ > ネットバンクの選び方
ネットバンクの選び方

インターネットを利用したネットバンクは種類の違いこそ何種類かありますが、いずれの場合にも利用価値が高く、その「お得さ」は手数料の違いや金利の違いとして目で見える結果となってすぐに現れます。

しかし各ネットバンクによって強みや魅力の重点の置き所が微妙に異なってきます。そのためせっかくネットバンクで口座を開設するつもりなら、あらかじめどのネットバンクがどのようなサービスを提供し、また金利や手数料などの違いもはっきりと把握しておくことが肝心です。

ネットバンクを選択する際に最も重要となるものの一つはやはり手数料でしょう。通常の入金や出金の際や振り込み、振り替えの手数料に始まって、定期預金などを組んでいる場合の解約手数料や住宅ローンに加入している際には繰り上げ返済などを行う場合の手数料などの確認はひじょうに重要です。
また手数料と関連して口座維持手数料が必要かどうかも気になるところです。ネットバンクでは残高や利用内容によって口座維持手数料が有料となる場合、無料となる場合に分かれていることもあり。こうした点に関しては口座を開く前に確実に確認しておきましょう。

次に使えるATMが豊富にあるかどうかもネットバンク選びの重要なポイントです。特定の銀行のATMしか利用できないネットバンクの場合利用しようにも電車代などがかかってしまうこともあります。これではせっかくネットバンクを利用する意味がありません。最近はコンビニエンスストアのATMを利用できるネットバンクが殖えていますがこれはひじょうに便利なことです。

またネットバンクでは通常の預金の他、外貨預金やFX、投資信託、宝くじの購入、競輪、競馬、競艇など様々な利用方法があるネットバンクが増えています。人によってはこうしたサービスを重視してネットバンクの口座を開く場合もあるほどなのでこれもしっかりとチェックしましょう。

その他、給料振込先に指定できるか、公共料金などの支払いに対応しているか、キャッシュカードの内容や使い勝手、ネットバンク会社の規模なども気になる点です。



デビットカードを作るために
新社会人や新しいバイトを始めると最初の壁として、会社などが定める給料の振込先の銀行の指定があり、口座開設が義務付けられることだと思います。 もちろん私も例に漏れず何度も経験していますし、その流れで銀行口座を開設して、バイトなどをやめてもその銀行をそのまま利用しているということがあると思います。 私の場合はネットバンクも同じ経緯で、ある仕事の振込先として指定されたネットバンクがあり、一応他のネットバンクでもいいということだったんですが手数料がかかるということで、仕事先の指定するネットバンクに落ち着いたという経緯です。 とはいえ、仕事先の指定するネットバンクになにも魅力がなかったら選んでいません。 個人的に宝くじをリアルな店舗で買い続けていたんですが、それを銀行で手間もなく購入できて照合もしてくれて、当たっていれば勝手に振り込んでくれるというサービスに魅力を感じましたし、銀行が発行している「デビットカード」を作りたいと思ったことも大きな選択時のポイントでした。 手数料も無料が多いので助かっていますし、今ではすっかり選んだネットバンクに依存しています。
Copyright © 2012 ネットバンクの利用ガイド . All rights reserved