みずほ銀行の詳細

TOPページ > みずほ銀行
みずほ銀行

三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行と並んで日本を代表するメガバンクがみずほ銀行です。またこのみずほ銀行のネットバンクがみずほダイレクトと言うことになります。

みずほダイレクトはネットバンクらしく自宅のパソコンなどから残高確認や振り込みなど様々な取引を行うことが可能で、振り込みなどに関しては実際のみずほ銀行の窓口を通したり、ATMなどで行うよりも手数料が格段に安くなり、また実際の店舗やATMなどに足を運ぶ手間を無くすことが可能となります。
みずほ銀行のみずほダイレクトは口座維持手数料が無料となっていますので、少ない残高のまましばらく放置していても口座が無くなったりするようなことはありません。

みずほダイレクトでは数多く存在するみずほ銀行のATMですべて問題なく利用できます。またこれ以外にもセブン銀行、ローソン、イーネットなどのATMが使えます。これだけ使えるATMの幅が広いと、買物先でちょっと現金が足りなくなった時などにもATMを簡単に見つけることができるため非常に便利です。
またみずほダイレクトは各種の決済に利用する場合にも最高クラスのサービスが期待できます。

みずほ銀行は日本を代表するメガバンクの一つですから信頼性と言う点においても圧倒的です。そのため比較的大きな金額を長い間貯金しておくには最も適したネットバンクだと言えるでしょう。

また他の銀行やネットバンクにはあまり見かけないみずほダイレクトの魅力の一つとして宝くじの購入ができると言う楽しいメリットがあります。



デビットカードを作るために
新社会人や新しいバイトを始めると最初の壁として、会社などが定める給料の振込先の銀行の指定があり、口座開設が義務付けられることだと思います。 もちろん私も例に漏れず何度も経験していますし、その流れで銀行口座を開設して、バイトなどをやめてもその銀行をそのまま利用しているということがあると思います。 私の場合はネットバンクも同じ経緯で、ある仕事の振込先として指定されたネットバンクがあり、一応他のネットバンクでもいいということだったんですが手数料がかかるということで、仕事先の指定するネットバンクに落ち着いたという経緯です。 とはいえ、仕事先の指定するネットバンクになにも魅力がなかったら選んでいません。 個人的に宝くじをリアルな店舗で買い続けていたんですが、それを銀行で手間もなく購入できて照合もしてくれて、当たっていれば勝手に振り込んでくれるというサービスに魅力を感じましたし、銀行が発行している「デビットカード」を作りたいと思ったことも大きな選択時のポイントでした。 手数料も無料が多いので助かっていますし、今ではすっかり選んだネットバンクに依存しています。
Copyright © 2012 ネットバンクの利用ガイド . All rights reserved