新生銀行の詳細

TOPページ > 新生銀行
新生銀行

新生銀行のネットバンクは「新生パワーダイレクト」という愛称で親しまれています。手数料を始めとしてひじょうに多くのメリットがあることで良く知られていますが、ここでは新生銀行の新生パワーダイレクトについてご紹介します。

まずセブン銀行の手数料が無料です。これは特定の時間だけと言うのではなく24時間いつ利用しても無料です。これは本家のセブン銀行以上の破格のサービスであると言うことになります。

また郵便局や提携銀行のATMを利用した場合はいったん利用料金が発生しますが後にこの費用はキャッシュバックされます。新生銀行の新生パワーダイレクトのこのようなサービスは回数に制限がありません。これは他のネットバンクを圧倒していると言って良いでしょう。

次に振込手数料は残高や商品の利用状況に応じて異なりますが、最低でも月1回は無料になります。残高などが多い場合には5回、10回と言うように振込手数料無料の回数が増えて行きます。

また定期預金を始めとする預金に関する商品がバラエティに富んでいることも新生銀行のネットバンクの大きな特徴です。中でもパワーステップアップ預金は預け入れる年数によって段階的に金利が上昇すると言うユニークなもので、5年、10年と長期間預け入れることによって大幅に金利が上昇します。
また新生銀行のネットバンク、新生パワーダイレクトは外貨預金や投資信託も種類が多く充実しています。もちろん新生銀行のネットバンクを利用していればこうした投資商品などの資金も一元管理が可能となるためスムーズな取引が行えます。


↓↓新生銀行の詳細はコチラ↓↓

新生銀行の詳細はコチラ




デビットカードを作るために
新社会人や新しいバイトを始めると最初の壁として、会社などが定める給料の振込先の銀行の指定があり、口座開設が義務付けられることだと思います。 もちろん私も例に漏れず何度も経験していますし、その流れで銀行口座を開設して、バイトなどをやめてもその銀行をそのまま利用しているということがあると思います。 私の場合はネットバンクも同じ経緯で、ある仕事の振込先として指定されたネットバンクがあり、一応他のネットバンクでもいいということだったんですが手数料がかかるということで、仕事先の指定するネットバンクに落ち着いたという経緯です。 とはいえ、仕事先の指定するネットバンクになにも魅力がなかったら選んでいません。 個人的に宝くじをリアルな店舗で買い続けていたんですが、それを銀行で手間もなく購入できて照合もしてくれて、当たっていれば勝手に振り込んでくれるというサービスに魅力を感じましたし、銀行が発行している「デビットカード」を作りたいと思ったことも大きな選択時のポイントでした。 手数料も無料が多いので助かっていますし、今ではすっかり選んだネットバンクに依存しています。
Copyright © 2012 ネットバンクの利用ガイド . All rights reserved