住信SBIネット銀行の詳細

TOPページ > 住信SBIネット銀行
住信SBIネット銀行

住信SBIネット銀行は住友信託銀行とSBIホールディングスが協力して設立したネッバンクです。
比較的新しいネットバンクではありますが、個性あふれるユニークかつ強力なサービス内容に関する噂はあっという間に広まり、短期間で非常に多くの顧客を集めており多くの預金残高も誇っています。

住信SBIネット銀行はどの点を見てもネットバンクの利点を最大に活かしたサービス内容となっています。

まず住信SBIネット銀行の前身が信託銀行であると言うことだけあって、SBI証券との連携が大変スムーズです。投資信託などを行う場合もSBI証券に入金すること無く買い付け資金として流用可能なSBIハイブリッド預金が用意されており、また住信SBIネット銀行のサイトからの預金残高はもちろん、証券口座の残高に関しても同時に把握できるような、非常に使う人の立場に立った有効なサービスが目立ちます。

住信SBIネット銀行の最も大きな魅力の一つに非常に高い金利による円の定期預金があります。住信SBIネット銀行の定期預金の場合、最低金額としては1000円から定期預金を組むことが可能で、受け入れ期間も多くの種類の中から選択できます。ネットバンクの場合は、通常の都市銀行や地方銀行に比較して、人件費や建物の運営や利用にかかる費用が圧倒的に少なくて済むため、定期預金なども金利がかなり高めに設定されている場合があります。

なかでも住信SBIネット銀行の金利はネットバンク業界中トップクラスとなっており、これは金利の低い時代には本当に助かります。

また住宅ローンや不動産担保ローンなどのローンも金利が低く抑えられており、こうした金利はトータルで考えた場合非常に大きな金額となりますから重要です。

この他外貨預金やFX、くりっく365など多彩なサービスに対応しています。


↓↓住信SBIネット銀行の詳細はコチラ↓↓

住信SBIネット銀行の詳細はコチラ




デビットカードを作るために
新社会人や新しいバイトを始めると最初の壁として、会社などが定める給料の振込先の銀行の指定があり、口座開設が義務付けられることだと思います。 もちろん私も例に漏れず何度も経験していますし、その流れで銀行口座を開設して、バイトなどをやめてもその銀行をそのまま利用しているということがあると思います。 私の場合はネットバンクも同じ経緯で、ある仕事の振込先として指定されたネットバンクがあり、一応他のネットバンクでもいいということだったんですが手数料がかかるということで、仕事先の指定するネットバンクに落ち着いたという経緯です。 とはいえ、仕事先の指定するネットバンクになにも魅力がなかったら選んでいません。 個人的に宝くじをリアルな店舗で買い続けていたんですが、それを銀行で手間もなく購入できて照合もしてくれて、当たっていれば勝手に振り込んでくれるというサービスに魅力を感じましたし、銀行が発行している「デビットカード」を作りたいと思ったことも大きな選択時のポイントでした。 手数料も無料が多いので助かっていますし、今ではすっかり選んだネットバンクに依存しています。
Copyright © 2012 ネットバンクの利用ガイド . All rights reserved